Person

水黒 雄太 Mizukuro Yuta

OOHメディア局・2年目

「水黒雄太」が創る、

心躍る「誰もが楽しめる空間」

  • Q1:

    あなたの業務内容は?

    イベントスペースを最大限に作り上げること。JR媒体ですので、JRの駅、支社との調整は欠かせません。クライアントの願いを媒体部に説得する日々を送っています。

  • Q2:

    あなたが創った、

    心躍る「○○」は?

    「誰もが楽しめる空間」です。電子製品メーカーを担当した時のイベントで調整の大変さを痛感したのですが、イベントの当日、関係者や来店するお客様の笑顔を見て救われました。

  • Q3:

    jekiで学んだことは?

    一生満足できないこと。調整中に新たな調整が悪魔のごとく舞い降ります。イベント内容をクライアントが喜んでくれても、自分の中では後悔が残ることもあります。

  • Q4:

    仕事をする上で普段から
    心がけていることは?

    「なんでもやる!」です。壁にぶつかることが多い日々ですが、ひとつの壁を破った時の新たな自分に出会えた瞬間は言葉になりません。

  • 水黒雄太

  • Q5:

    休日のすごし方

    昼から外で飲んでいます。お酒というよりは、あの空間に飲まれています。

  • Q6:

    社会人になって

    新しく始めたことは?

    駅観察です。駅を利用するといっても、ショッピング利用者、通過者、待ち合わせの人など多種多様です。そんな人たちの行動を見ると、ヒントが沢山詰まっているんです。

  • Q7:

    jekiを選んだ理由

    社長が前向きだったのでこの人の下でなら、何か起こるんじゃないかと感じました。

  • 水黒雄太

  • Q8:

    学生に対するメッセージ

    たくさん悩みながら自分と向き合って下さい! 就職活動中の情報は、小さな事でも深刻に感じてしまうことも。でも本当に自分の目標が明確であれば真っ直ぐ突き進めます!